片隅

日々の備忘録

夢はもう覚めた

f:id:ppp082:20210512173544j:image

もうええわ like a 藤井風スタイルで会社に辞表を提出した…のだけども、求人出しても全然集まらないみたいで、もう少しやってみればと引き留められている。単純に自分の力不足だし、モチベーションもないし。ひっそりと転職活動するしかなさそう。

先日、久々に女性とデートまがいのことをした。いつも行ってるBARで出会って、なんか会話が多少盛り上がったので、とりあえず一回飯でも行きますか的なノリになって行ってみたけど、もう一つ盛り上がらず。2回目はないかな。多分、向こうもそう思ってるだろうし。なんかもうそういう時の会話の仕方を忘れた。まーしょーがない。

『大豆田とわ子と三人の元夫』『コントが始まる』はこの数年でもトップクラスに好きな作品だ。そんな作品が同時期に2つもあるのは嬉しい。金子茂樹は『俺の話は長い』も最高だったので、かなりノリノリだ。“まめ夫”はエンディングのラッパー演出も含め、この国のポップカルチャーを更新しようという気概がすごい。松田龍平長岡亮介が働いてる店とか、僕が女だったら子宮大爆発ですよ。

一方『ネメシス』のださださヒップホップネタは見てらんない。頑張れ入江悠監督。あとダークホースだったのが『きれいのくに』で、毎話とんでも展開になるので面白い。

楽しみにしていた今泉力哉監督『街の上で』も最高に面白かった。特に若葉竜也と中田青渚の会話シーンは何度でも見返したい。『コントが始まる』にも出演している古川琴音も良かった。

お笑い番組がかなり増えててチェックするのがしんどい。特に千鳥、かまいたちの番組はどれか一つ観れればいいかなぐらいに思ってたけど、それすらもしんどい。毎週楽しみにしてた『爆笑問題霜降り明星のシンパイ賞』もリニューアルしててなんだか冴えない。結局ラジオが1番楽しい。エロ虫裁判も梅田カウパーもサイコー!サイコー!サイコーゥ!